∞備忘録 ハルキ

°C-ute→関ジャニ∞へ担替 2017.6〜の新規 低身長スキル厨

∞祭

関ジャニ∞ 8EST初回限定版A

∞祭〜ボクらも8っちゃい、8っちゃけまつり〜 LIVE & DOCUMENTARY

見ました。

 

まずはざざっと流れを。

1.OVERTURE

オープニングカッコいい。今までのPVをなぞっていくやつ。とてもよい。すごくワクワクさせられる。来るぞ来るぞって言う感じがすごい。


2.ER

からのER。この流れすごくいい。フロートで登場ってこれどんな感じで出て来るんだろうな現地では。

∞祭のTシャツにジーンズというラフな格好もなかなかよい!村上信五の筋肉。メンバーもグッズのボディーシール貼ってるんだけど、大倉の二の腕のやつはエロい(いい)。

この曲自体も勢いがあって好き。後々他のライブのMCのおかげでダンスバージョンは落ち着いて見られなくなるんだけどね。


3.T.W.L

一気にアイドル感のある曲へ。結構振り付けに自由な部分があってわちゃわちゃしていてそれがよい。

この曲安田章大ほとんどずっと高音ハモってますよね。忙しい。

最後のT.W.L.の人文字やりたい放題ですな。


4.モンじゃい・ビート

軽くMCを挟んでのもんじゃい!これも確実に盛り上がる。祭だよ。しょうもないこという横山裕とても横山裕。メンバーからのツッコミが良い。

錦戸亮がすごく楽しそうで。これ何回も書いてるかもしれないけど、関ジャニ∞にハマるまで錦戸亮ってクールなキャラクターだと思っていたので、こういう表情を見るのにまだ慣れなくて。この人は本当に関ジャニ∞好きなんだなあと思います。


5.渇いた花

バックステージにてマイクスタンドありで歌ってる曲。この曲は元気コンで渋谷村上の2人で歌ってたやつ以来聞きましたが、全員のバージョンも良い!

渋谷すばるの声がとてもよい。彼をセンターにおいて、周りのメンバーがハモりで支える構図がたまらない。これが関ジャニ∞の強さですよ。各メンバーのソロのパートもいいんですけどね。


6.急☆上☆Show!!

冒頭丸山なんと?韓国語だと思うけどわからぬ!

盛り上がるから好き。フロートで再びお客さんの間へ。この曲はサビの安田丸山の掛け合いのところがいい。

そして大倉忠義あざとい。

 

7.Eden

しっとりと聞かせる初期のバンド曲。Cメロのところが好き。

おかんと見てたら、横山裕のボンゴの位置が高すぎないかと話題に。


8.Dye D?

アコースティックバージョン。がっつりダンス曲のイメージが強かったので、ここでこんな形で見られるとは。斬新。

どちらかといえばダンスバージョンの方が好きだけど…。

その後のMCがとても良かったです。うまくできてんな!横山裕がとても横山裕


9.旅人

 これも初期の曲。あんまり印象に残んなかった…申し訳ない。


10.Snow White

錦戸がキーボード、大倉がギターといういつもと違う楽器での一曲。錦戸亮は小さい頃ピアノやってたりしたんですかね?普通に弾けてる。器用な人だとは思うけれど、こんなにあっさりできるものなのか?

曲自体は好きだけどもなんで真夏にこの曲をチョイスしたのかは謎。


11.パズル

歌詞に内博貴のことなのかなと思う部分があったりして、この曲を8周年のタイミングでやることが感慨深い。

錦戸の表情に心が震える曲です。


12.愛でした。

 バンド曲続きますな。多分1時間程度のステージだと思うけど、半分がバンドっていうのは意外だったな。

この曲はハモリも綺麗で好き。イントロのギターが印象的。渋谷は気持ちが入ってくるとどんどん前かがみになってちっちゃくなっていく。あとは落ちサビの大倉の喉仏。これ。


13.ひとつのうた

ライブのラストといえば、この曲っていう感じ。再びフロートにてファンの元へ。ラララララー♪のところがグッとくる。

 

▪️∞祭のステージ構成について

基本的にファンのコメントはいらんやろと思っているので、そこは飛ばしていたのですが。メイキングが途中に入ってたので見辛いは見辛かった…ので、今後は分けていただけると嬉しいです。ほかのライブ見てた限り大体別れとるけどね。

 

ライブステージ、ゲームステージが順番に行なわれており、各ステージの指定された公演を見られる。それ以外の時間は展示スペースなどを見ることができる、という構成だった模様。

 

会場はライブスペースと展示スペースとに分けていたため、ライブ会場は狭い。しかしその分近い。

展示スペースでは個人のブースや、歴史を振り返るブース、番組に絡めたブースなどがあり、とても大満足の内容。錦戸大倉発案でサイン書いたのはファンからしたら嬉しい心遣い。

とはいえ、当日行っていたという友人から聞くと、人が多かったのと、次のイベントまでの時間制限がありゆっくり見られなかったとのことだったので、書籍化してください。

村上信五のスペースで飾ってあるユニフォームを細かく見てしまうサッカークラスタの私ですよ。ガットゥーゾあったのとても熱い!ミラン割と好きよなあ。

 

あとは会場で流れていたと言う、楽屋前中継映像の完全版を何かに収録してください。15周年の時などでもよいので。

 

▪️メイキングについて

村上信五が8UPPERSのTシャツ着てるのはなんか嬉しい。横山裕スヌーピーのTシャツは可愛い。安田章大の私服はすごいね。この人芸能人でよかったよ。

メイキングではメンバーのアカペラでの歌声が入ってるところが好き。振り合わせ中に歌ってたり、ただ口ずさんでいたり。みんな歌うこと好きよねほんと。

メンバーが各メンバーのブースや展示を見てるのも面白い。大倉丸山のやりとりに笑いました。

 

▪️まとめ

 8周年でいつもと違うイベントをということで、行われた∞祭。メンバーからもお客さんを楽しませようという気持ちがすごく伝わったし、ファンからもボードやノートなどでメッセージを直接届けることのできた素敵な場だったんじゃないかと思います。

ライブももちろんだけど、本当に色んな形で我々を楽しませてくれる。まさにジャニーズエンターテイメント。

 

最後のMCで、錦戸亮があとせめて8年は見守って欲しいと伝えていましたが、そんなんじゃ全然足りない。

渋谷すばるの、間違いないから、僕らについて来てください、という言葉が全て。どこまでもついて行きますよ。渋谷すばるは言葉数は多くないけれど、本当にがっちりとeighterの心を掴むセリフを伝えてくれる。鷲掴まれた。

 

もうすぐ2018、否201∞年。何もないとは言わせない。彼らのライブをまた見られる日が早く来ないか楽しみで仕方がない。

松原信一presents すごはち

クリスマスなのでDVD鑑賞です。

8ESTのアルバムの特典映像より、

松原信一presentsすごはち みました。

 

関ジャニ∞8周年の8月8日に、渋谷すばる扮する松原信一企画で行なったこの企画。

要はすごろく、の関ジャニ∞バージョンなので、すごはち。もちろんマス目は8の字の形。

各マスに書いてある関ジャニ∞のこれまでに関する指令をクリアしていき、最初に一周した人が優勝、豪華賞品あり。というもの。

 

まず、各メンバーの登場シーンの映像がよい!メンバーのソロ曲をバックにこれまでの写真と共に紹介される。関ジャニ∞ではこれまでこのパターンあんまりみてなかったので新鮮でした。

 

そして、松原信一やっぱり頭おかしい(褒めている)。あの映像意味わからないですし。今のクロニクルでのファボられタイムラインのわけわからなさに通ずるなと思いました。

 

各マス目の指令にトライするメンバーもとてもよい!

錦戸亮のマイナス100度の顔とか、おでん食べる横山裕とか、手拍子だけの村上信五とか。安田章大持ってない。肉体派の丸山隆平

ミセテクレのくだりの横山村上がとてもヒルナンデスです。連携のよさね。

昔の映像もちょこちょこ見られたし、嬉しい。

優勝者と豪華賞品は意外な展開でしたが、きっちりやりきるあたりさすがです。

 

エイターリクエストも、彼らの感想をその場で聞けるというのはなかなか新鮮。場面場面でファンの声を聞く機会を持ってくれるのはファンからしたら嬉しい限りですね。
大倉の俺この曲で何回泣いたことか。と、それに対する安田のよー泣くな。のやりとりに笑いました。

この企画どうやって締めるかなーと思ってたんですが、最後にあの曲を歌ったのも全体として締まりが出たなと。
ライブを見て思うのは、結局圧倒的センター渋谷すばるですよ。錦戸亮がセンターにならないグループって恐ろしい…。

 

 

ゲームを与えておけば勝手にわちゃわちゃして盛り上がってくれる。我々が見たいのはまさにそれであって、それをしっかりと見せてくれるのでとてもありがたい。そこら辺の需要を渋谷すばる分かっているな、と。渋谷すばる企画のものを見るたびに思うわけです。

 

次は18周年を待たねばならないかなー?15周年で何かあるかなー?楽しみに待っております。

左目探偵EYE

横山裕出演 左目探偵EYE一気に見ました。

横山担の友人のゴリ押しにより。

 

スペシャル版が先にあるのですが、てっきり思い込みでテレビシリーズの第1話を先に見てしまい、犯人を知ると言う壮大なネタバレをくらいましたので、もしこれからご覧になる方がいらっしゃいましたらそこのところご注意下さい。

 

では感想をば。

※ここからネタバレ含みます

 てっきり横山裕が主演だと思っていたらHey!Say!JUMP山田涼介が主演でした。なんならスペシャル版は横山裕の出番は全体の10%くらいしかないのでは?

しかし横山も山田も顔面が麗しい。顔の系統は違うけれども綺麗でした。

 

設定には最初から最後までツッコミどころしかなかった。愛之助ほとんど学校行ってませんし、養護教諭学校抜け出しまくってますし。

 

石原さとみも可愛かったですし、クリスタルケイが出ているとはつゆ知らず。クリスタルケイは中学生の頃によく聞いていたので、ドラマに出ているのをみてすごく驚きました。頑張ってたなと。

 

兎にも角にも夢人の歪みまくった弟への愛の物語でした。とてつもないメンヘラのサイコパスみたいな役でしたが、横山裕は比較的この手の役振られること多いですね。白い肌と冷たい視線がしっくり来るんですけどね。

 

自分の欲を満たすために弟に対して莫大な費用と手間をかける夢人。しかもあえて隙を残して犯人にたどり着かせたりしていますし。そこまでして思い出させるより話した方が早くないですかね?とか思ってしまいましたが。

結局なんで角膜移植した結果見えるようになったのかについては回収されなかった(これは夢人にとっても想定外だったはずですが)。

 

 

一番気になったのはラストシーンで、なぜ救急車を呼ばなかったのか…。

 愛之助がおんぶして搬ぶよりはるかに確実でしょうが。ここについては愛之助が夢人を殺したと言っても過言ではないかと。

 

最後スッキリしない終わり方でした。

 

横山裕が美しかった作品でした。

泥棒役者

関ジャニ∞丸山隆平主演

泥棒役者

見てきました。

f:id:haru35ki:20171125200954j:image

以下ネタバレないようにします 。

 

想像していたよりも面白かった!

そもそも舞台作品だったということで場面転換はほとんどないのですが(8人の女たちを思い出した)、テンポよくストーリーは進んで行くし、アニメーションも取り入れたりしていて、2時間があっという間だった。

随所に笑いが散りばめられていて、クスクスという笑い声が何度も聞こえてきた。丸ちゃんが言ってたのこういうことかーと。

 

兎にも角にも丸山隆平の大貫はじめ役があまりにはまっていて(映画化する時点で彼を主演にしようと書き直したと言っていたのですが)。丸山のくるくると変わる表情や、愛されるキャラクターが凄く彼らしかった。

登場人物も少ないけれど、その分それぞれのキャラクターが凄く濃く描かれていて、かつそれぞれの演者にピッタリはまっていた。私の思うユースケサンタマリアのイメージ、私の思う市村正親のイメージにどんぴしゃり(石橋杏奈についてはこの映画で初めて知りました)。宮川大輔がまあ悪い顔で。

そして家着の高畑充希の可愛さ。お出かけ着より数倍かわいい。帰ってあの高畑充希がいたらなんて幸せか!丸山隆平になりたいと思ったわ。

 

西田監督の作品は初めてみたのですが、三谷幸喜に近いタイプ。面白いし、考えるところもありつつも最後にほっこりとさせられました。二転三転しながらも、各キャラクターについてもしっかりと伏線を回収している。映画だけども、広げすぎずに非常に綺麗にまとまった作品で個人的にはとても好き。

前評判で満足度が高い、というのは関ジャニ∞ファンが見てるからそう答えていたのかなと思っていたのですが、それ以外の層(に見える)お客さんも多く、私も満足です。

エイトレンジャー2

先日に引き続きやっとみました。

関ジャニ∞主演 エイトレンジャー2

 

ネタバレ含みますのでまだの方はご注意下さい。

 

1に比べてストーリーが面白い!

もちろん1ありきの展開なんだけれど、1で心残りになっていた部分がすっきりとした感じ。いくつかのわかりやすい伏線もしっかりと回収されました。設定もより作り込まれていて、特にゼロプロジェクトの発想は面白かった。

大きな感動とかそういうものではないんだけれど、堤監督らしいテンポ良い作品でした。

 

1に比べてお金がかかってる!

CGのクオリティも格段に上がっているし、セットや小道具もグレードアップしている。

なんたって端々にいい役者さん使ってるなと。特に元彼の両親なんてあの場面しか出てこないのに。肥後さんには散々笑わせてもらいました。

 

渋谷すばるがいい!

やはりこの人に演技の仕事もっと来てもいいのでは?ドラマ映画班でないのがもったいないレベル。本人がセーブしてるのかもしれないのだけど。

1では横山裕メインだったのですが、その時も渋谷の演技が良かっただけに、2では彼が主役といっても過言ではないほどの扱い。ありがとう!横山裕との場面はなかなかグッとくるものがありました。

あと単純に長髪が格好良すぎる。8UPPERSもそうですが、私はこっちの方が好き。

 

大倉忠義がいい!

聞き取れなかった鹿児島弁も2ではテロップ入りますし、何より本人に合っている。大倉忠義に鹿児島弁を話す役を与えたのはナイスチョイスすぎる。1ではほとんど端役だったのだけども、今回はよかったよ。

 

それに比べると錦戸亮の使い方は勿体無い気もしますが、役柄的に仕方ない部分もあるか…。

丸山隆平のモノマネも初めてみたものもいくつかありましたし、村上信五安田章大も可愛らしかったです。

 

ただ正直ヒロイン役の演技だけが残念だった。演出なのか実力なのかはわからないですが、明らかにあの世界観の中で彼女だけが浮いていた。もう少しどうにかならなかったですかね。

 

関ジャニ∞なんでもやるしなんでもやれるなっていうのを改めて実感した。eighterとしては必見の作品でした。

そして錦戸安田丸山あたりに焦点を当ててもう一本、なんてできないですかねー?彼らの演技力を考えればこれだけで留めておくのは勿体無い。

またグループ全員での演技仕事あったら嬉しいので、お偉い方よろしくお願いいたします。スケジュール的に難しいかもしれませんがそこはなんとか…。

エイトレンジャー

関ジャニ∞ エイトレンジャー

ようやく見ました。

 

 堤監督はTRICKシリーズが凄く好きだったのですが、本作も彼のワールドが色濃く出ていたかと。

各メンバーのキャラクター設定の細かさ(大倉忠義頑張っていたし、安田章大の役の設定には驚いた)や、回想シーンの作り込みっぷり(錦戸亮の錦野くんのくだり好きですよ私は)。ポスター類へのこだわりに気づいた時には衝撃を受けました。

なんて手間のかかることを!!!

 

ストーリーもするっと楽しめる内容でした。年下組のポンコツ具合も村上信五演じる村岡くんの残念さももはや愛おしいレベル。

個人的には渋谷すばるの演技がとても自然で印象に残りました。もしかしたらリアルな彼に近い役柄なのかもしれませんが。本人の意思はわからないですが、渋谷すばるにもっと演劇の仕事来てもいいはず…。

 

ERのアップテンポなノリもあのストーリーに凄くマッチしていた。

今回見たのは通常盤だったので、PV二本収録されていましたが、設定が細かい!!(上述はここのことも含む)こういうの大好き。

 

ところね8UPPERSもエイトレンジャーも関ジャニ∞7人で出ている映像作品は何かと横山裕がリーダーというかまとめ役になるのはそういうイメージがあるからなんですかね?最年長だからか

個々のメンバーに焦点を当てて行くのも面白そうなので、サイドストーリー的なものをお願いいたします。

あとは蓮佛美沙子が可愛かった。うん。

 

さてと初回限定版もなんとかして見なくてはですし、エイトレンジャー2も見なければな。

関パニ vol.2

関ジャニ∞の関パニvol.2のDVDを見ました。

と言っても見たのはだいぶ前なんですが…感想を。

 

関パニvol.2

・知ってどうなる?!街録クイズSHOW 第3弾

第1問の正解率の高さ。すごい。

そしてドラえもんかトトロかの流れ。まあ丸山隆平の流されっぷり。この問題難問過ぎた。わかるわけないわ。


・世界の激辛料理 食べ尽くしまSHOW

安田大倉の食べっぷりが見事。安田章大は辛いの好き言うてたからあれですけど、終わった後も食べ続ける大倉忠義とても大倉忠義

辛すぎてみんな途中からおかしくなっていくのがいい。彼ら自由にさせとくとほんと面白い。


・XmasSP! はずれくじ避けまSHOW

歌パートもあったのでいつもとはだいぶ違う雰囲気。そうだ関ジャニ∞ってアイドルやったんやわ。冬恋聴けたのはよかった。

いわゆるロシアンルーレットなんだけども、第1回もとっとと出てしまうし、第2回はまさかの展開…。結局美味しいって食べ進める丸山隆平。まあ確かにハバネロチキンは組み合わせ的にはあり。


・ランキング当てまSHOW

ホルモン焼肉のランキングを当てるゲーム。圧倒的すぎてもう…。にしても司会進行役の渋谷すばるずるくないですかね?役得すぎる。

横山錦戸安田のチームがあまりに可哀想で。安田横山ってだいたいこういうの食べられない傾向にありますよね。ペコジャニ楽しみだわ。


かぶったら負けでSHOW

仲がいいからかもしれないけども、まあかぶかぶる。村上信五の被りっぷりよ。ドライブで聴きたい曲のくだりはよかった。なかなかそういうの聞けない。大倉錦戸もたぶんねらいにいったのにかぶるし。

最終的に逆から開けてあっさり成功するっていうね。


・噛まずに言い切りまSHOW第2弾

正直もう少し盛り上がるのかなと思ってた企画。ドツボにハマるところとか見られるかと思ったけどそんなに収録されておらず…。終わったあとの喜び方からはまあまあ大変やったんかなと思うけどあんまりそれが伝わらんかった。


・プレッシャーに打ち勝ちまSHOW

安田章大がミラクルを起こしまくる回。運動神経良すぎるが故のファンタスティックなプレー連発。彼らの言葉を借りるならば、ヤスのいいとこ出てる回。そしてこういうの渋谷すばる苦手ですね。なんとなくわかる。地味過ぎてカットされたミニゲーム多かったけども、ノーカットで欲しかったです。


腹八分目食べまSHOW

大倉忠義無双の回。関ジャニ∞クロニクル見るまでは大倉忠義はイケメンクールキャラなのかと思っていたんだけども、クロニクルと関パニとでだいぶイメージ変わった。褒めてるよ!念のため。錦戸亮の吠えっぷりもよし。喧嘩すな!に大いに笑った。

醤油の処理で天然見せる安田章大。その安田の天然をお気に入りの横山裕。いい!

 

 

なんていうか言葉にするとこの番組のわちゃわちゃ感から溢れる魅力が全然伝えきらないのだけれど、ゆるーい空気で自由にゲームさせた時の関ジャニ∞は面白い。

この間関ジャニ∞クロニクルのディレクターの方の記事でもありましたが、台本なんて流れしか書いてなくて、彼らに自由にやらせた時が一番面白くなるし、自由にさせることができるって思われているのはすごい。

それもこれもこの頃からの積み上げがあってのこと。深夜帯とはいえレギュラーありがとうございました。

 

ここへ来てグループの仕事も個人の仕事も着実に増えて来ていますし、完全に今一番来ているアイドルですよ、関ジャニ∞